鍛える

マムシ VS. 草刈り機

 

地区の草刈りが朝8時から始まりました

私の住む地域ではマムシがとても多く、愛犬たちは3度も噛まれて入院!

とても注意が必要な存在ですが、草刈り機で切断されて死んでいます。

マムシだけでなく、雑草の中に巣を作っている蜂にも注意が必要です。

 

注意するのはそれだけではありません。

朝、猛暑日で外出を控えるようにニュースは言っていました。

暑さにも厳重警戒!

草刈りを始めて30分も経たないのに、汗が流れ出て、まるでシャワーを浴びたように衣類はビショビショになってきました。

 

夏の草刈りは、地域の行事とはいえ過酷です。

一家から一人、草刈り機をもって朝8時から夕方4時まで炎天下の中、草刈りをするのです。

驚くべきことに、70代、80代の高齢の方も多く、私の年齢でも若手に属します。

 

私は会社に行けば立場上、ヨイショされることもありますが、ここでは使い走りです。

「康弘君、水、持ってきて」と気軽に声を掛けられます。

しかし、私は使い走りも良い経験だと思っています。

 

毎年思うのですが、この地域の高齢者の元気さは、驚異的です。

炎天下の中、何時間、作業をしても作業ペースは、ほとんど落ちません。

逆に若手の方が、途中で腰が痛くなったり、こむら返りになったり、いろいろ問題が起こってきます。

どちらが高齢者かわからないほどです。

 

では、高齢者なら誰でも大丈夫かと言うと、そうではないと思います。

もし、都会にお住まいの高齢者を同じ作業環境においたら、すぐに悲惨なことになるでしょう。

 

何が都会の高齢者と違うのでしょうか?!

 

次ページ|都会の高齢者との違い

 

1

2

関連記事

  1. おーい日本、大丈夫?

  2. 怒りを感謝に

  3. 世界中で戦いが始まっている!

  4. 修行

  5. 苦あれば楽(歓び)あり

  6. 誰かのために生きる

カテゴリー

  1. 2020.11.02

    コロナに負けない!

  2. 2020.10.02

    誰かのために生きる

  3. 2020.09.01

    鍛える

  4. 2020.08.03

    ご挨拶

  5. 2020.07.01

    心づもり

最近のコメント